RunGirl

「ランガール」は、走る女性ならではの視点・パワーを活かし、生活を豊かにするアイディアを様々なカタチに変えていく企画集団です

2016年3月 練習会

話題食より自分食!食を見直せば痩せる!パフォーマンスが上がる!

3月のランガール★練習会は、
<話題食より自分食!食を見直せば痩せる!パフォーマンスが上がる!>

home_slider_20

講師を務めていただいたのは、トライアスリートにしてアスリートフードマイスター、
そして食欲コンサルタントの村山彩さんです。

当日は、まず世田谷ものづくり学校内にあるヴィーガンカフェ、
ULTRA LUNCH "GO SLOW"に集合。

そこから隣接する世田谷公園へ移動し、
アスレティックトレーナー平林(RunGirl)の指導のもと、ウォーミングアップで身体を温めました。

世田谷公園では桜も咲き始めており、春らしい日差しのなか、気持ちよく3.5キロほどラン。

004

その後、再びカフェに戻ってから村山彩さんの講義です。
食欲コンサルタントとして最新の栄養学も常にチェックしている村山さんに、

「××を食べると痩せる」
「走る前には●●●がいい」

といった情報に振りまわされず、
自分にとってそれを食べると調子がいい、自分だけの勝負食を見つけてほしい、
というお話をしていただきました。

テニス選手のノバク・ジョコビッチが、長年勝負食として食べていたピザをやめ、
グルテンフリーにしてみたら、劇的にパフォーマンスが上がったという話、
彼の本も出ているのでご存知の方もいらっしゃるのでは?
ジョコビッチの場合は、遅延型フードアレルギーの検査をして、
小麦にアレルギーがあることがわかったそうです。
私たちも遅延型フードアレルギーの検査をすることも可能ですし、
村山さんが教えてくれた簡単な方法もご紹介します。

それは、2週間、特定の食材を除去してみるということ。
2週間やめてみて、その間の身体の調子を見てみる。
そして2週間後にまたその食材をとって、身体の様子を見てみる。
という方法なんです。

誰かにとって良かったものが、自分にとっても良いとは限らない、
ということを知り、自分の身体の声に耳を傾けることが、大切なんですね。

栄養学というのは日々変わっていくそうで、
例えばひと昔前は
「コレステロールを摂りすぎると健康に害」といわれていたのに、
現在アメリカでは、コレステロールの摂取量を制限する必要はない、
というのが新常識になっているそう。

今まで誰も教えてくれなかった、食・栄養にまつわる本当の話。
参加者の皆さんも熱心にメモをとられていました。

 
そして、講義の後はランチタイム!
ULTRA LUNCH "GO SLOW"特製のカレー2種、タコライス、
そしてサンドイッチが入ったランチボックスをいただきました。

動物性の食材を一切使っていないのに、食べ応えがあって美味しくて、大満足。
大充実の日曜日となりました

練習会の最後には、カフェと村山さんから、参加者の方に抽選でプレゼントが!

最後に村山さんを囲んでパチリ!

村山彩さん、ULTRA LUNCH "GO SLOW"さん、
そして参加して下さった皆さん、
ありがとうございました!

POST URL
PAGE TOP